前へ
次へ

遺伝だけじゃない 薄毛の原因と対策

薄毛は何らかの原因で髪の毛1本1本が細くなったり、抜け毛と生えてくる毛の量バランスが崩れてしまったために、頭皮が髪の毛で覆われず露出してしまう状態をいいます。
薄毛の原因として遺伝はよく知られていますが、他にホルモンバランス、遺伝、ストレス、生活習慣なども大きく関係しており、普段から気をつけることである程度対策をすることができます。
睡眠が不足するとホルモンのバランスが崩れ、疲れも溜まりやすくなりストレス増加につながるため、十分睡眠をとることが最も重要な対策になります。
食生活も影響が大きく、野菜不足で脂っぽいものやお肉ばかりの食生活が続くと、血中コレステロールが増加して血液がドロドロになり、頭皮まで十分な血液が送れず髪の毛の材料がうまく運べなくなるため薄毛になりやすくなります。
喫煙も血管を収縮させ頭皮の血流を悪くするので、できれば喫煙は控えたいところです。
薄毛は遺伝で決まると思われがちですが、実際には原因となるものはいろいろとあるので、自分に合った対策をすれば薄毛にならずに済んだり改善する可能性があります。
家族に薄毛がおおくて心配な方は生活を見直してみるのも良いかもしれませんね。

Page Top